FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿の手

先日、録画しておいた「化物語」 、「するがモンキー」の第2話を観ました。

W・W・ジェイコブズの「猿の手」について言及するシーンがあり、非常に懐かしさを感じました。

私がこの短編を読んだのは中学時代。外国産のホラーを読み始めた頃です。

学校の図書室から借りた英米の傑作古典ホラーを集めた短編集の中にありました。

ちなみ、「猿の手」の内容を簡単に言うと、

願う者の意に沿わぬ形で願いを叶える(「化物語」の作中人物のセリフ)猿の手が、人々に不幸をもたらす。

そんな感じです。

あれ?聞いた事あるな?と思った方もいるかもしれませんが、それはこの作品をモチーフにしたドラマや何かを観たのだと思います。「世にも奇妙な物語」の一編にもそういうものがありましたよね。

猿の手は3つの願いを叶えます。

その中、作中人物達がどんな願いをし、それぞれの願いの時にその人物はどんな気持ちだったのか‥。怖くもあり、せつなくもあり、哀しくもある、そんな余韻を残す、ホラー好きだけではなく、本好きの人にもぜひ読んでもらいたい傑作です。

「猿の手」を収録した短編集は幾つかありますが、下記のものが価格的にもラインナップ的にも入門書としては最適かと思います。



あと、「化物語」の解説は人気を考えると不用かと思いますが、以下にアニメの公式HPへのリンクと小説版を紹介しておきます。

ご興味を持たれた方はどうぞ。ちなみに、こちらはホラーではありません。

URL:http://www.bakemonogatari.com/

  

よろしければ1票を(人気ブログランク)





スポンサーサイト

「超」怖い話ベストセレクション2 腐肉

先月26日に「超」怖い話ベストセレクション2 腐肉が発売されました。



著者の平山夢明氏が「超」怖い話シリーズで発表した物の中からセレクトした物が収められています。

ベストセレクションしては、第1弾となる「超」怖い話ベストセレクション 屍臭も発売中。



どちらも平山氏がシリーズに在籍していた2003年から2008年に発表された作品からセレクト。

第2弾というより、2軍という感じかもしれませんね。第1弾を購入していない方はまずそちらから買うのが得策かと思います。


よろしければ1票を(人気ブログランク)

--- 運営サイト案内 ---
モバイルの怪談屋さん(携帯から)





「恐怖箱 怪痾」購入

今年2/27に発売された 恐怖箱 怪痾 を購入しました。



怪医怪癒に続くシリーズ第3弾です。

   

前の2冊は既読ですが、どちらも良かったですね。

いわゆる"病院の怖い話"を集めた怪談本はけっこうありますが、その中では間違いなく上位の部類に入るでしょう。

著者の雨宮 淳司氏は現役の医療関係者。

それだけに、体験者の投稿を集めたという体裁(実態はライターの創作がほとんどと思われる)の怪談本とは一線を画す迫力があります。

また、シリーズ各巻の最終話がどれも小説の短~中編の分量なのが特徴。

長編小説をあまり読まない人なんかは少ししんどいかもしれませんが、なんとも言えない読後感を味わえます。

アマゾンのレヴューなんかを読むと、今回の恐怖箱 怪痾の最終話はかなり怖い内容になっている様子。

楽しみなような怖いような…。

暇な夜に一気読みしてみますかね。


よろしければ1票を(人気ブログランク)

--- 運営サイト案内 ---
モバイルの怪談屋さん(携帯から)





プロフィール

グルグル

Author:グルグル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。